丸雀プロリーグ

ストレートB1昇格なるか!?B2リーグ9試合目~12試合目の結果!

丸雀プロリーグ第34期3節は昨日で終了となりました。

B2リーグで規定試合を消化していなかった私はしっかり昨日消化してきました!

今回はそのB2リーグ(9試合目~最終12試合目)の結果をお伝えしていきます。

B1リーグ昇格を懸けた非常に熱い4試合でしたので、是非最後までご覧下さいませ。

丸雀プロリーグ 第34期3節B2リーグ

さて、最終戦4試合を行う前に、現状の昇格ラインと私のポジションを確認しておきます。

B2昇格ライン

 

 

結構きわどいw

 

残留ラインまでわずか13ptの貯金しかありません。

少なくとも連対率は5割無いとかなり厳しい戦いになりそうです。

4試合中2試合トップならほぼ昇格。

トップ2着でギリギリ。

2着2着でもノーラスなら大丈夫そうか。

ん~、一瞬たりとも油断できないですね( ˘ω˘ ;

 

B2リーグ9試合目

東一局は倍満の横移動( ゚Д゚)

そして東二局。

早い巡目で私に超勝負手が入ります。

 

カンした5がモロ乗りして跳満確定の三面張!

前局倍満放銃した対面から出てしまうと2着で終了となってしまうのですが、それも良しとして和了るつもりでいました…

 

まさかの満貫放銃

 

まさかまさかのとんでもないマクられかたを見せつけらて私が対面に満貫放銃ww

いや…あんなの普通に私が勝つと思うじゃんw

実際にリーチ打った瞬間に山に8枚生きてますからねww

まぁこれも麻雀。いや…これが麻雀ですよね。

 

そして次局。

休む間もなく、またしても私に勝負手が入ります。

 

親の先制リーチが入っていましたが関係なく無筋連打でメンピン赤赤。

これはアガらせてくれよ~(´・ω・`;)

 

まさかの満貫連続放銃

 

しかし手牌を開いたのは下家。

そしてロン牌を掴んだのは私(:_;)

昇格が懸かった大事な日に何だかヤバそうな感じがプンプンします。

 

次局。

 

 

もう満貫を打てない私は何とかこのホンイツで耐え凌ぐ。

 

南二局には再びピンズのホンイツw

 

 

2000.4000のツモアガリでラス抜け(ホッ)

 

さらに次局も勝負手が入る(どんだけ手が入んだよw)

 

 

これは非常にリーチ打つべきかどうか迷いました。

タンヤオ三色赤でダマテン出アガリ満貫。

アンケート取ったら7割以上はダマテンとなりそうな問題です。

 

そして私も少し悩んだ末、ダマテンとしました。

 

理由としては、ダマテンとする事で和了率を上昇させて3着以上となる可能性を高めたかった事。

場況的にはそこまで悪い待ちではないと感じていましたが、実践ではもうそれで思考停止をしてしまったのです。

しかし、点棒状況を含めてしっかり深掘りすれば、リーチが若干優位なのではないかという結論に至りました。

 

出アガリの場合を深掘りする

ラス目の対面から出るとそのまま3着でオーラスを迎えますが、2着との差はわずかとなりますし、何よりもラスを対面に押し付ける事ができます。

ただし、トップの可能性は厳しくなる。

2着目の上家からの出アガリもかなり妙味があります。

現状-11700点差をオーラスは逆転して+4300点差の2着目になることができます。

ただし、トップの可能性は変わらず厳しくなります。

下家からの出アガリの場合、オーラスは3着目ですがトップとの差は6800点差で満貫出アガリでもトップが見えてきます。

出アガリの場合の結論。

3者どこから出てもメリットがあり、リーチを打って止められて和了できなかったケースを考えるとダマテンが優位??

デメリットとしてはオーラスでトップが見えるのが下家からの出アガリの場合のみであること。

もちろん次局でハネ満ツモ条件をクリア出来れば良いのですが、ハネ満ツモ条件はなかなかクリア出来ませんので、それよりも2着キープを狙う展開になるケースが圧倒的に多いでしょう。

 

 

実践ではテンパイ即ツモで2000.4000のアガリ。

「何とかこの8000点はしっかりものにしたい!」

という気持ちが強かったので、とにかくアガりを確保出来たことに安心していましたし、良かったという思いでした。

 

ですが、実はこれ、アガリをしっかり確保したケースの中で最も最悪なアガリパターンだという事に、こうしてブログを書きながら辿り着いてしまったのですw

 

このダマテン2000.4000をツモアガリすると、オーラスは下記のような点棒状況となります。

 

トップ目との差-12800点差(6400以上の直撃かハネ満ツモ条件)

2着目との差-1700点差(ほぼアガれば2着。他家満貫ツモで棚ボタ2着も狙える)

ラスとの差+15300点差(満貫打てない)

 

とにかくデカいのはラス目に満貫を打てない点棒状況という事。

そしてトップ条件も厳しい…

これなら先程まとめた出アガリの3パターンの内のどれかの方がよっぽど良いでしょう。

このダマテンツモアガリにそこまで妙味を感じる事が出来ないというのが、先程のリーチ判断ではリーチが若干優位であるという大きな要因の一つです。

 

では、リーチを打ってツモアガり、3000.6000としたケースの点棒状況はというと…

 

トップ目との差-7800点差(満貫出アガリOK)

3着目との差+3300点差

ラスとの差+21300点差(満貫打てる)

 

違い過ぎワロタww

オーラスは2着目となり、トップ条件は満貫出アガリでOK。

これなら一気にトップの可能性もグンと上がるでしょう…

 

さらにダマテンにすることのメリットとして手牌の変化に対応できるという点もありますが、この手牌は完全に最終形で、有効な変化となる牌もありません。

加えて場況的にもマンズ待ちは悪くないという状況。

少なくとも場に高いピンズ待ちよりは遥かに良いという判断は間違いないところでしょう。

 

麻雀はトップを狙うゲームです。

長らくの雀荘メンバーとしての経験により

「安定感を求める麻雀」

「負けない麻雀」

こうした意識で麻雀が凝り固まってしまっていたように思えます。

 

「麻雀はトップ狙うゲームである」

 

という麻雀の本質を私は忘れてしまっていたのかもしれません。

最近また麻雀と真剣に向き合う様になって、麻雀とは何か、そして麻雀に対してさまざまな視点で見れるようになったような気がします。。

 

さて、結局オーラスはどうなったかというと、、

 

 

全員ノーテンで終局( ˘ω˘ ;

ラス目の対面に満貫打てない=役牌2フーロに対応して早々にオリてしまいました。

満貫が打てる点棒状況であれば、おそらくアガリが拾えていたのではないかという配牌とツモでしたし、結果的には2着を取りこぼしてしまった形になりました。

こうしたラス回避に重点を置く(安定を求める麻雀)によってラス率はかなり抑えられているのですが、やはりここからさらにトップ率を高める麻雀を意識して、鋭い麻雀が打てるようになればもう一皮剥けそうな気がする(どこ目指してんの?)

 

B2リーグ9試合目は3着。

現状のランキングを確認してみると…

 

昇格ライン(1戦終了時)

 

残留ライン逝った~www

 

と笑っていられません。。

ガチで残り3戦でしっかり結果を残さないと、また次の2週間はB2リーグで彷徨う羽目になります。

何としても、何としてもB1に昇格するんや!( ・`д・´)

 

B2リーグ10試合目

東三局。

鬼も逃げ出すダマ18000テンパイ。

 

 

最高形の四暗刻まで見えています。

(この時③あと2枚残ってたのか…)

四暗刻に成らずとも18000点でも喜んでアガるよぉ~~

 

 

しかし結果は上家の1000.2000のツモアガリに阻まれてしまいます(◞‸◟)

 

そして一周した南三局。

23700点持ちの3着目から…

 

 

東三局ではアガれなかった18000点をここはキッチリ仕留める。

この18000点の加点で、B2リーグ10試合目はしっかりと逃げ切りトップ!

 

ランキングは…

 

昇格ライン(2戦目終了時)

 

一気に49位まで浮上( ・`д・´)

 

このトップは本当に大きいです!

あと2試合。

そこそこ無難に終われば大丈夫!!

B2リーグ11試合目

 

 

リーチ合戦負け。12300点の放銃( ˘ω˘ )

 

 

リーチ合戦負け。8600点の放銃。。。

 

プラスリーチ棒の失点とノーテン罰符でわずか東二局でトバされます( ゚Д゚)

 

え?ちょっと待って…

これ昇格ラインヤバいんじゃない…

 

昇格ライン(3戦目終了時)

 

再び残留ライン逝った~www

 

こんな面白い展開とか本当に望んでいないからさw

マルジャンほんと策士だね~

 

ふぅ~( ˘ω˘ ;

さぁ…泣いても笑っても次で最後の試合です。

私は昔の麻雀プロ時代のリーグ戦でも感じることの無かった緊張感を持って(嘘です)最後の試合に臨みます。

 

B2リーグ12試合目

東一局は5200点の横移動。

そして東二局はその5200点を私がそのままもらっていきます。

 

 

これで30200点差のトップ目。

まだまだ余裕はありませんが5200点のリードを作ることが出来ました。

そして、

3900点

5800点

1000は1100オール

大きなアガリはないものの、小刻みに加点してオーラス…

35700点のトップ目から…

自力でアガリを決め….

 

 

る事は出来ず、ひたすら逃げ回りますw

最後は対面の2000.4000でラスト。

 

昇格が懸かった最終戦で見事トップを飾ることが出来ました!

 

 

リーグ登頂図

 

ウォォォ!!(∩´∀`)∩

 

今までここまで苦しんで昇格をもぎ取ったことが無かったので本当に嬉しいですw

いやぁほんと久しぶりに麻雀で熱くなれた気がします(^^)

マルジャンあざます。

 

B1リーグ昇格

 

そして朝起きるとマルジャンさんから昇格通知のメールが届いていました。

これでB1リーグに昇格です!( ・`д・´)

この勢いで一気にAリーガーとなりたいところです!

 

丸雀トータルデータ

★2月東南戦

2月東南戦

★トータル東南戦

トータル東南戦 麻雀六戦術 四麻プロフィール

 

ちょっと丸雀プロリーグのランキングを調べてみましたがB1リーグ以上の中で最低段位が「2級」でした。

私は13級ですので、圧倒的低段位でB1リーグ昇格となりますw

おそらく皆プロリーグ以外にもさまざまなイベントに参加したりとかしてると思いますが、私は完全にプロリーグだけに絞って参加してますからね。。

戦績数も少ないですし中々段位が上がりません。

しかし、逆に良い意味で目立つと思いますので、このまま最低段位で最高位を目指してやります!

 

段位:13級→13級

雀力:532→590

フラッグ:49本→51本

レーティング:1630→1640

 

全体的に良い感じで上昇。

 

そして4000文字オーバーw(書き過ぎ)

それでは。